第2回「智恵の和クリスマスコンサート」

障害を持つエンジニアの技術支援を行う「智恵の和」にてオペラ歌手、松尾香世子(イリス)さんによるクリスマスコンサートを12月に開催しました。

智恵の和は、1999年頃、障害を持つエンジニアにJavaとオブジェクト指向を教えるボランティアとして始めました。その後一端中断しましたが、2002年から再開し毎月第1土曜日にサン・マイクロシステムズ株式会社 用賀本社27階会議室をお借りして行っています。

今ではJava、オブジェクト指向、UML等の教育も何度か繰り返し、最近ではRuby、クラウド技術、要求開発などテーマを広げながら、「のんびり・じっくり・愉快に」をモットーに活動を続けています。

そして、前から僕の夢だった智恵の和のみなさんに松尾香世子(イリス)さんの歌声を聞かせたいという願いが叶いました。

というのも、なかなかコンサート会場にみなさんをお誘いするというのは介護の方や施設の問題もあるため難しい状況でした。それならば松尾香世子(イリス)さんにお願いして智恵の和に来ていただこうということになりました。

イリスさんの歌声がセミナー会場いっぱいに広がる中、目を瞑ると美しい歌声の中に幼少の頃の風景が思い浮かぶ……

そんな素敵な歌声が智恵の和にいっぱい広がりました。

みんなの目から少しだけ涙が零れそうになるのをみて、僕のささやかな夢が実現したことを確認できました。

ご両親も介護の方も本当にいい顔されていました。

エンジニアとか障害を持つ人、持たない人、介護する人といった事を超えて、人と人との心の繋がりを感じさせるコンサートでした。

ありがとう、智恵の和のみなさん。

ありがとう、サン・マイクロシステムズさん。

ありがとうイリスさん。

この記事のトップへ

戻る