第4回 これからのエンジニアとIT企業のあり方

主催

協力メディア

ITpro

日経ITPro

アイティメディア株式会社

アイティメディア株式会社 @IT自分戦略研究所

日時・場所

7/22(水) 18:00~21:00
大手町サンケイホール(http://www.s-plaza.com/map/index.html

参加条件・定員・お申込み方法

第4回匠塾はオープン講座です。一般の方もご参加いただくことができます。参加料は無料です。

定員:180名

下記のご登録用フォームにお名前、勤務先、メールアドレスを記載の上お申し込みください。 定員になり次第締め切らせていただきます。

ご登録用フォーム

環境によって登録用フォームにアクセスできない場合がございます。その場合は、氏名、勤務先、メールアドレスをご記入の上、「jyuku090722@takumi-businessplace.co.jp」までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

概要

18:00~19:00:基調講演
「現場力を高める見える化手法プロジェクトファシリテーション
~モチベーションアップのツールと場づくり~」

株式会社チェンジビジョン 平鍋 健児 氏

近年のソフトウェアの短納期化・高品質化に対する要求へ応えるには、工学的手法のみでは限界があります。ソフトウェアは、人が人のために作るものであり、チームが情報を共有しながら課題解決するためには、現場力が必要です。このセミナーでは、アジャイル開発とトヨタ生産方式からヒントを得た見える化手法を使って、現場のモチベーションを高め、活性化することで生産性を伸ばす「プロジェクトファシリテーション」を、実践方法を交えてご紹介します

参考リンク:プロジェクトファシリテーション(PPT / 11.9MB)

19:00~19:30:第一部 記念講演
「匠への道 ~匠Business Place設立の想い」

株式会社 匠BusinessPlace 代表取締役、株式会社 匠Lab 代表取締役 萩本 順三

日本の匠を結集し、ITを活用して、日本のビジネス、そして世界を変えていくために、今月7日に匠Business Placeを設立しました。その設立に至った背景と、今後の展開について説明いたします。

19:30~21:00:第二部
パネルディスカッション「これからのエンジニアとIT企業のあり方」

匠には誰もがなれるわけではありませんが、それを目指すもののみにその権利は与えられます。このパネルディスカッションでは、ソフトウェアの匠が、クリエイティビティを発揮し、世界に影響を与えるための方向性や考え方についてディスカッションしていただきます

  • パネラ:平鍋 健児
  • パネラ:萩原 正義
  • パネラ:細川 努
  • パネラ:浅海 智晴
  • パネラ:牛尾 剛
  • モデレータ:萩本 順三

講師プロフィール

平鍋 健児 [ ヒラナベ ケンジ ]

株式会社チェンジビジョン代表取締役社長.
株式会社永和システムマネジメント副社長.
1989年東京大学工学部卒業後,3次元CAD,リアルタイムシステム,UMLエディタJUDEなどの開発を経て,オブジェクト指向技術,アジャイル型開発の実践する「見える化」コンサルタント.アジャイルプロセス協議会副会長.
著書「要求開発」「ソフトウェア開発に役立つマインドマップ」.翻訳「XPエクストリームプログラミング導入編」「リーンソフトウェア開発」「アジャイルプロジェクトマネジメント」など多数.
「ハート駆動型コミュニケーション」をモットーに,人に感動を与えられるコンサルタントを目指している.
アジャイルの実践貢献者に毎年贈られる Gordon Pask Award 2008 受賞.

萩原 正義 [ ハギワラ マサヨシ ]

マイクロソフト株式会社ソフトウェアアーキテクト
1993年マイクロソフト入社。.NET Framework関連、ソフトウェアアーキテクチャの研究開発と技術啓蒙に従事。クラウドコンピューティング,サービス指向アーキテクチャ、分散システム、フレームワーク実装技術、マルチパラダイム設計、モデル駆動型開発、ソフトウェアプロダクトライン、その他の開発方法論などが担当分野。
早稲田大学大学院非常勤講師。

細川 努 [ ホソカワ ツトム ]

技術士(情報工学)
株式会社 匠BusinessPlace 取締役CTO
株式会社アーキテクタス 代表取締役
株式会社日本総合研究所にて、流通系、金融系システム構築などを経験後2006年に独立。
現在、電子政府の推進や民間企業へのコンサルティングで活躍中。
要求開発アライアンス理事、Microsoft MVP、JJUG(日本Javaユーザー会)監事。

浅海 智晴 [ アサミ トモハル ]

株式会社 匠Lab フェロー
(有)浅海智晴事務所代表。
日本Javaユーザグループ副会長。
代表作はXML SmartDoc(XML文書処理システム)、Relaxer(XML/Javaスキーマコンパイラ)。現在はScala DSLモデルコンパイラSimpleModelerを開発中。
近著は「上流工程UMLモデリング」(日経BP)、「マインドマップではじめるモデリング講座」(翔泳社)。
モデル駆動開発×クラウド・コンピューティングの研究プロジェクトedge2.cc (Edge to Cloud Computing)を中心に活動中。

牛尾 剛 [ ウシオ ツヨシ ]

株式会社 匠BusinessPlace チーフアーキテクト
シンプルアーキテクト代表
要求開発アライアンス 執行委員
大手SIベンダーでSEやPMとしての経験を積み、株式会社豆蔵を経て独立。合同会社シンプルアーキテクトを立ち上げる。
要求開発、オブジェクト指向、開発プロセス(アジャイル系に強い)に関してのコンサルタント。要求開発アライアンス執行委員。
悲惨な開発現場をなんとかしたいという野望を持つ。現場の技術者のスキル転換に関しては独創的なスキルと実績を持っている。
著書「eXtreme Programming 実践レポート」、「オブジェクト脳のつくり方」

萩本 順三 [ ハギモト ジュンゾウ ]

株式会社 匠BusinessPlace 代表取締役
株式会社 匠Lab 代表取締役
株式会社リコーITソリューションズ 技術顧問
ケペル株式会社 フェロー
株式会社ニッポンダイナミックシステムズ フェロー
株式会社豆蔵 プロフェッショナルフェロー
総務省 地域ICT利活用モデル構築事業「地域情報化評価会」構成員
要求開発アライアンス 理事 匠塾塾長
2000年、ソフトウェアを人の思考に近い「もの」という単位で考えることで、分かりやすいソフトウェア開発を行えるオブジェクト指向技術を専門とする企業、豆蔵を立ち上げ、ITアーキテクト、メソドロジィストとして経験を積む。
2008年7月、株式会社 匠Labを設立し、IT企業の変革を実践している。
2009年7月7日 匠の集まるコンサルティング会社「株式会社 匠BusinessPlace」設立。

前提知識

特にありません。

戻る